[オーディオ・ミキサー]お手頃価格!FIFINE AmpliGame SC3 レビュー

Audio
スポンサーリンク

低価格で高音質なマイクロフォンとして定評のあるFIFINE(ファイファイン)のオーディオ・ミキサーのAmpliGame SC3に新たにホワイトのカラーバリエーションが追加されました。

FIFINEはかつては有名な音響メーカーにOEM製品を提供していた企業でしたが、近年では独自ブランド「FININE」を展開し、その製品は海外で高い評価を得ています。

今回は、「FIFINE」さんから、

  • AmpliGame SC3(ゲーミング・オーディオ・ミキサー)

の、ご提供をいただきましたので、いろいろ試してレビューします。

スポンサーリンク

FIFINE AmpliGame SC3

FIFINE AmpliGame SC3は、オーディオ・インターフェース、またはオーディオ・ミキサーと呼ばれる製品です。

概要

オーディオ・インターフェースとは?

パソコンで音楽製作などを行う場合に便利な機器で、マイクや楽器などのオーディオ信号をパソコンに入力するために必要となる機器です。

オーディオ・ミキサーとは?

音声をミックスさせて加工するものです。

FIFINE AmpliGame SC3は、このオーディオ・インターフェースの機能とオーディオ・ミキサーの機能を両方兼ね備えた機器です。

このFIFINE SC3を使うことで、入力に

  • マイク
  • ヘッドセット
  • PC/タブレット/スマートフォン

などを音源として入力でき、また、出力に

  • ヘッドフォン
  • スピーカー
  • PC/タブレット/スマートフォン

に、音源をミキシング(混ぜて)出力することができるようになります。特に、この製品は、「ゲーミング」と謳っているように、ゲーム実況配信や、ストリーミング(ライブ配信)向けに設計された機器です。

仕様

マイク入力
周波数帯域20 ~ 20kHz
ダイナミックレンジ75 db
S/N比> 75 dB
ゲイン範囲50 dB
ヘッドフォン出力
周波数帯域20 ~ 20kHz
出力電力15mW@32Ω
出力インピーダンス16 / 32 / 64 Ω
ダイナミックレンジ90 dB
ライン出力
周波数帯域20 ~ 20kHz
ダイナミックレンジ85 dB
S/N比> 80 dB
最大出力レベル+ 10 dB
ライン入力
周波数帯域20 ~ 20kHz
ダイナミックレンジ75 dB
ゲイン範囲50 dB
コンピュータ I/OUSB Type-C to USB Type-A 及び Type-C
消費電力電圧:5 ± 0.25V
電流:500 mA
ビット深度 / サンプルレート16 bit / 44.1 Hz ~ 48 Hz

音質

接続方式の違いによる音質を較べてみました。

  • USB接続
    XLR接続に比較して、まろやかで聞きやすい音質に感じました。
  • XLR接続
    USB接続と比較して、帯域が広く、低音から高音まで幅広い音質に感じました。また、一般的には、ノイズを拾いにくい接続方式です。

機能

RGBライティング

「ゲーミング」と謳っているだけあって、RGBのライティング機能があります。8種類のRBGパターンがあり、気分に合わせ変更でき、不要ならOFFにもできます。

音響効果

4つのカスタムボタンがあり、4種類の効果音や音声などを記録することができ、カスタムボタンを押下することで、再生します。いわゆる「ポン出し」と言われるもので、「ジャジャーン」とか「チーン」とかの効果音を出すことができます。

ボイスチェンジャー

「男性」「女性」「ロボット」「モンスター」「ベイビー」「お年寄り」のような声に変化するいわゆる「ボイスチェンジャー」の機能があります。

基調変更

「A、Bb、B、C、Db、D、Ab、G、Gb、F、E、Eb」と基調を変更する「ELECTRIC」という機能もあります。ただし、ボクが使ってみたところ、その効果がどのようなのか、よくわからない機能でした;(

まとめ

まず、ゲーム実況配信や、ストリーミング(ライブ配信)を始めて見るには、ちょうどいいお手頃価格なオーディオ・ミキサーですね。おすすめです♪

noru
noru

では、では♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました