[FIFINE BM88W]ロープロファイル・マイクアームっていいね♪

Desk
スポンサーリンク

以前、ゲーミング・マイクのFIFINE AmpliGame AM8をレビューしたのですが、このときFIFINEのサイトを見ていて、ロープロファイルのマイクアームが気になって購入してみました。

スポンサーリンク

ロープロファイル・マイクアームとは?

ロープロファイルのマイクアームは、モニターの下から出すタイプのマイクアームです。特徴としては、

  • モニターの邪魔になりづらい: 通常のマイクアームはモニターの前にマイクが来ることが多く、邪魔になることがあります。しかし、ロープロファイルのマイクアームはモニター下から伸びてくるため、マイク本体がモニターの前に被ることが少なく、邪魔になりにくいです。
  • モニター下のデッドスペースを有効活用: モニターアームを使っていると、モニター下のスペースは比較的デッドスペースになりがちです。ロープロファイルのマイクアームを使えば、このデッドスペースを有効活用できます。また、ロープロファイルの商品はコンパクトに収納できるため、デスク周りがスッキリします。
  • 種類が少ない: ロープロファイルのマイクアームは種類が限られています。メーカーも多くありません。価格も普通のマイクアームより高価であることもあります。
  • モニター上から出そうとすると届かないことがある: デスク環境は日々変化することがあります。最初はモニター下からマイクを出すのが良いと思っても、使っているうちにマイクの位置を変更したくなることもあります。その際に、モニターの上や左右のデスク端からマイクを伸ばそうとすると、ロープロファイルのマイクアームだと可動範囲や長さが足りないことが起こり得ます。購入前に環境に適しているかチェックしてから購入しましょう。

ロープロファイルのマイクアームで、有名なものは以下のものがあります。

  • Smatree ショックマウント付き マイクロフォンアームスタンド:
    • アーム高が低く設定されており、ほとんどのモニターの下からマイクアームを出すことが可能です。
    • ケーブルを隠すためのレールがアーム内にあり、カバーを外すだけで簡単にアクセスできます。
    • 対応しているマイクの種類も多く、様々なゲーム環境にフィットします。
  • Elgato Wave Mic Arm LP(10AAN9901):
    • 非常に人気のあるロープロファイルのマイクアームで、アーム高が低く設定されています。
    • ケーブルを隠すためのレールはアーム内にあり、カバーを外すだけで簡単にアクセスできます。
    • 最大重量は2kgなので、大型で重いマイクを使っている場合は事前に重量を調べておきましょう。

Smatree ショックマウント付き マイクロフォンアームスタンド

比較的購入しやすい価格で、人気のあるマイクアームです。
可動域が広いのが良いですね。

Elgato Wave Mic Arm LP

ロープロファイル・マイクアームのフラグシップとなるモデルですね。手に入りにくい時期があったほど人気のあるマイクアームですね。

FIFINE BM88W ロープロファイル・マイクアーム

今回購入したFIFINE BM88Wの特徴です。

  1. 高品質で頑丈なマイクアーム:
    • 金属製で耐荷重1.5kgあり、マイクを安定してサポートします。
    • 見た目にも高級感があり、デスクの見栄えを向上させます。
  2. 360°まわる広い可動範囲:
    • 第1関節は360°回転可能で、自分の好きなマイク位置を確保できます。
    • 第2関節も同様に360°の可動域を持ち、顔の位置に合わせて調整できます。
  3. ケーブルを隠してデスク周りがスッキリ:
    • アームチューブにケーブルを内蔵できるため、スッキリとした配線が可能です。
    • モニターアームの中にもケーブルを隠せるので、デスク周りが整理されます。

良かった点

モニターの下から出せるのでスッキリしていいですね:)

ケーブル・マネージング(ケーブルの取り回し)もよく、アーム内部に格納できるところもよいです。

購入したものと、メーカー/Amazonでの画像と異なる箇所がありました。
マイクを接続する箇所と、留め具がサイトの画像だと”黒”だったのですが、届いたものは”白”でした。た。もちろん、”白”の方がよりスッキリ見えて良かったですが:)

ただ、この箇所、位置を調整したりグリグリしていくと”白”の塗装が剥げてくるので注意です:(

気になる点

下向きに向ける角度に制限がある

ボールヘッド(マイクを取り付ける部品)が、意外と下に向けられないです;(
下90°に向けたい時があるのに、ちょっとじれったい感じがあります。

クランプのハンドルが意外と長い

クランプのハンドルは、しっかりしていて回しやすいのですが、ハンドルの長さが意外とあるので、クランプを取り付けてハンドルを回す場合、机/壁などに干渉して回しづらい場合がありますので、注意が必要です。

まとめ

有名な2メーカーのロープロファイル・マイクアームと比較すると機能的にはシンプルで、一押しとまではおすすめできませんが、ボク的には、デザインがスッキリしていて気に入っています。

noru
noru

では、では♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました