NuPhy「NUTYPE F1」キーボード 使用レポート

Keyboard
スポンサーリンク

以前にも紹介した「NyPhy NUTYPE F1」ですが、日々使ってきた上での今回は、使用レポートをします。

スポンサーリンク

キーボードレイアウト

NUTYPE F1 (USレイアウト)

ボクが購入した”NUTYPE F1″は、”ANSI – US English”モデルでいわゆるUSキーボードです。
このキーボードのレイアウトで一般的なUSキーボードと比較して(ここでは、Apple Magic Keyboad比較します)異なった点があります。

delete key

上:Nuphy NUTYPE F1 / 下:Apple Magic Keyboard

“Delete Key”についてですが、上記画像のとおり、”NuPhy NUTYPE F1″では、何故かキーボードのスペースにまだ余裕がありそうなのに他のキーと同じサイズのキーで、”Apple Magic Keyboard”に比べて小さいことです。
これについては、随分と不思議に思っていました。NuPhyのFacebookかTwitterかソースを失念したのですが、ある人が”Delete Key”について「何故、小さいのか?」というコメントに対してNuPhy公式で「タッチバーの右端の”Touch ID”を押しやすくするため」と回答していたと記憶しています。

NUTYPE F1 – Touch Bar

一理あるかもと思いましたが、実際には上記画像のように、”Delete Key”が小さいところでキーボードとタッチバーに段差があるので、その効果はあまり感じられません:(
それに、下記の画像のように’ISO – British’のモデルや’NuPhy Air60’などの新機種では、’Delete Key’は大きいサイズなのでちょっと意味不明です。

ISO – British
NuPhy Air60

慣れてしまえば、大丈夫ですが大きいキーの方がよかったなぁ、という感じです。

Shift Key

上:Apple Magic Keyboard / 下:Nuphy NUTYPE F1

これも’Delete Key’と同様に’Apple Magic Keyboard’と比較すると小さいです。ただし、矢印キーが小さい’Apple Magic Keyboard’に比べれば’NUTYPE F1’は、矢印キーとしては使いやすい大きさです。
右’Shift Key’も多用するボクとしては、ちょっと困ります。実際よく押し間違って矢印キーを押下してしまうことが多いです;(
新しいモデルのAir60も同様なので、なんともならないですね。

Home / End Key

これについては、レイアウトの問題ではないですが、ちょっと困った問題があります。Macモードの場合、cmd key + 左矢印でHome Key、cmd key + 右矢印でEnd Keyになるのですが、Windowsモードの場合、動作しません。ボクが使用しているNUTYPE F1のFirmwareは、version 1.0で公式サイトのFirmwareは、version 1.01もアップされているのですが、リリースノートを見る限り改善されているように思えません。ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非情報をご提供ください。

タイピング感

‘NuPhy’の軸は、

  • White Switch(白軸:クリッキー?)
  • Red Switch(赤軸:リニア)
  • Brown Switch(茶軸:タクタイル)

の3種類あり、ボクの購入したものは茶軸です。他の軸のキーボードは所有していないのですが、タイピング感としては、適度に「カチャ、カチャ」した感じで、タイプしていてとてもいい音がします。Web会議などでは、タイプ音を拾ってしまってうるさく感じるかもしれませんが、キーボードをタイプしている感があってとても感じ良いです。

LED パターン

LED のパターンは、動画に撮ってみているので、下記を参照してください。

NuPhy NUTYPE F1 LED backLight

ご参考になれば幸いです♪

noru
noru

では、では♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました