[SQL Server Express]ポートの設定と開放

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. TCP/IPプロトコルの有効化

  1. 「SQL Server 2019 構成マネージャー」を起動

  2. 「SQL Server ネットワークの構成」-「SQLExpress のプロトコル」から「TCP/IP」の右クリックメニューから「有効にする(E)」を選択し、OKを押して有効化

2. ポートの設定と開放

  1. 「SQL Expressのプロトコル」を選択
  2. 「TCP/IP」の右クリックから「プロパティ(R)」を選択
  3. 「IPアドレス」-「IPALL」の「TCPポート」に「49172」に設定
  4. コントロールパネルの「Windows Defender ファイアーウォール」を起動し、「詳細設定」をクリック

  5. 「受信の規則」をクリックし、「新しい規則」をクリック
  6. 「規則の種類」-「ポート」を選択
  7. 「プロトコルおよびポート」で「TCP」を選択し、「特定のローカルポート(S)」に「49172」を設定
  8. 「操作」で「接続を許可する(A)」を選択
  9. 「プロファイル」で「ドメイン/プライベート/パブリック」にチェック
  10. 「名前」に「Microsoft SQL Server Express」(任意の名前)を設定
  11. 同様に「UDP」も設定します

3. SQL Server Browser サービスの有効化

  1. 「SQL Server Browser」の右クリックメニューから「プロパティ(R)」を選択
  2. 「サービス」タブの「開始モード」を「自動」に設定
  3. 「ファイル名を指定して実行」(Win + R)に「services.msc」と入力し、OKを押下し「サービス」を起動します
  4. 「SQL Server Browser」を右クリックし、「開始(S)」をクリック

以上で設定完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました